返信する: パソコンでのご利用について

リンクの挿入 メールアドレスの挿入 画像URLの挿入 画像アップロード スマイリーの挿入 引用の挿入

※メールアドレス等、個人情報にかかわる情報の掲載・取扱については十分に注意してください。


コンテンツを見る際は プレビュー をクリックして下さい

※全文引用についてはプレビューができません。投稿時に正しく反映されます。

オプション
 
CAPTCHA Image 画像を替える読みづらい場合は画像を替えてお試しくださいスパム防止のため画像認証を設置しています
画像内の文字をボックスに入力してください

参照

Re: 赤色LEDが点滅しない
投稿者: やっとできた 投稿日時: 2012/07/29 13:45
> 通りすがりのボタンさん

 ご忠告ありがとう。

 しかしながら、私も調べてみたが、どうやら11pinは単純にオープンコレクタあるいはドレインのようだ。
 したがって、トランジスタが不飽和領域で動作する限り通常に使用する範囲では問題ない。

 Lowのときが0.2Vとあるが、これはトランジスタの内部抵抗に起因したもの。
 0.3mAを超える電流を流すと、当然この電圧が上がっていき、後段に弱小電圧の論理素子などをつなげた場合はドライブしきれないといっているのではないか。

 当方、現在3kΩでLEDをドライブしているが、これだと1mAくらいになり、コレクタ損失は僅か0.2mWで、Tj(ジャンクション温度)を超すことはない。完全なB級動作なので安心だ。

 ちなみに、コレクタ電流に関しては最大となるhFEに対して1/2に減少する電流を便宜上絶対定格としており、電圧のように瞬時に破損するといった性格のものではない。
 コレクタのボンディングワイヤーが焼き切れるほどの電流こそ絶対最大電流といえるが、その前にコレクタ損失が絶対定格を超え、すなわち、コレクタの温度がTjを超えてしまい、ボンディングワイヤー接合部の半田が溶けてしまうことによる断線故障が生ずる方が先であり、通常はコレクタ損失がTj(at=25℃)を超えないように設計する。

 その点オープンコレクタは低損失にできるので使いやすい回路といえる。

 もう一点、高周波LSIということだが、この11pinに関していえば、人が判るレベルでのステータス信号と制御(指示)信号しか扱っていないので、低周波回路であり、心配される必要はない。