返信する: パソコンでのご利用について

リンクの挿入 メールアドレスの挿入 画像URLの挿入 画像アップロード スマイリーの挿入 引用の挿入

※メールアドレス等、個人情報にかかわる情報の掲載・取扱については十分に注意してください。


コンテンツを見る際は プレビュー をクリックして下さい

※全文引用についてはプレビューができません。投稿時に正しく反映されます。

オプション
 
CAPTCHA Image 画像を替える読みづらい場合は画像を替えてお試しくださいスパム防止のため画像認証を設置しています
画像内の文字をボックスに入力してください

参照

Re: 赤色LEDが点滅しない
投稿者: 通りすがりなポリタン 投稿日時: 2012/07/21 17:35
情報、お役に立ったようでなによりです。

ただ、老婆心ながら一つご忠告を。
LED-11PIN間には、可能であればバッファICか、トランジスタを噛ませることをお勧めします。(SATAデザインガイドにも推奨されています)

お手持ちのATA-USB変換ボードが直結とのことで、そのまま接続されたそうですが、上で書きました通り、11PINのドライブ能力は規格上0.3mAしかありません。
変換ボードでも、計算上は0.3mAを超えないように接続しているようですが((1.8V-1.7V(LEDのVf))÷330Ω≒0.3mA)実際のところLEDのVfはばらつきが大きく、かなり危険な設計です。(コスト削減の苦労が見て取れますね・・・)
0.3mAを超えていても、実力的には動くと思われますが、長期運用を考えると最悪の場合ドライブしている石(たいていの場合コントローラIC)を破損させる恐れがあります。
ましてや10μFと言う、高速ICから見れば理不尽ともいえる容量負荷をぶら下げるならば、なおさら危険です。