返信する: パソコンでのご利用について

リンクの挿入 メールアドレスの挿入 画像URLの挿入 画像アップロード スマイリーの挿入 引用の挿入

※メールアドレス等、個人情報にかかわる情報の掲載・取扱については十分に注意してください。


コンテンツを見る際は プレビュー をクリックして下さい

※全文引用についてはプレビューができません。投稿時に正しく反映されます。

オプション
 
CAPTCHA Image 画像を替える読みづらい場合は画像を替えてお試しくださいスパム防止のため画像認証を設置しています
画像内の文字をボックスに入力してください

参照

Re: 赤色LEDが点滅しない
投稿者: 通りすがりなポリタン 投稿日時: 2012/07/13 14:24
SATAのデザインガイドを目にする機会があったので補足します。

・電源11ピンのLED対応は、SATA規格上はオプション扱いであり、100%全てのドライブが対応しているわけではない。
とはいえ、最近は割と対応している場合が多いらしいです。

・起動時、PHYRDYアクティブまでの間は、スタッガードスピンアップの有効無効の入力端子として機能している。
このため、LowにしていないとPHYRDYがアクティブになるまでスピンアップしない。
LEDをつける場合、Low固定できなくなるので、起動シーケンスに影響がでて立ち上がりに不具合が出るかも、です。もっとも、その程度で影響が出るようなら、シーケンス自体にも問題がありますが。
ただ少なくとも、LEDを付けた(Low固定しない)場合、起動時間はスピンアップのために数秒~十数秒遅くなります。

・High出力は3.3V電源電圧(内部プルアップによる)
 Lowは最大0.225V(ドライブ0.3mA時)

・11PINの電流引き込み能力は0.3mA。漏れ電流は最大0.1mA。
実際にこんなお馬鹿な仕様のドライバを使うデバイスはないと思われますが、仕様として規定されているので注意が必要です。

・デバイスアクティブ(アクセス中)表示はLowアクティブ。


以上、無駄な蛇足な補足でした。