返信する: フリートーク

リンクの挿入 メールアドレスの挿入 画像URLの挿入 画像アップロード スマイリーの挿入 引用の挿入

※メールアドレス等、個人情報にかかわる情報の掲載・取扱については十分に注意してください。


コンテンツを見る際は プレビュー をクリックして下さい

※全文引用についてはプレビューができません。投稿時に正しく反映されます。

オプション
 
CAPTCHA Image 画像を替える読みづらい場合は画像を替えてお試しくださいスパム防止のため画像認証を設置しています
画像内の文字をボックスに入力してください

参照

Re: 動作確認NAPとDSD再生について
投稿者: たく 投稿日時: 2015/05/03 11:14
Takeshichさん

>わかりやすいところにソースおいておきます。
ありがとうございます。助かります
C言語はどうも苦手で、ググりながらなんで なかなか全体が把握出来なくて…
(別件でminissdpの挙動追っかけてはいるのですが、進まない…)

>私は、サーバとして返すのがupnpglobalvars.hにあるaudio/dsfで、dbに保存されているmimeが配信時に送られる方で、audio/x-dsdという理解でいます。

表示されてるみたいなので、お互いaudio/dsfでやりとりは出来てると思うんですが
配信時のaudio/x-dsdが、クライアント側では登録なくてコーデックに渡せてないのかな~
しかし、何故わざわざ変えてるんだろう?理由あるからだとは思うけど…


>500ドル。。。
高いんですよね…。たしか登録制で個人は相手してくれたかな…
500ドル出すんだったら、他の機材 買ったほうがましかな。

>今回のプレーヤーはaudio/dsdやaudio/x-dsdではなく、audio/dsfとかaudio/x-dsfなんじゃないかと勝手に思っています。

相手側の受取可能MIMEが判る方法があれば良いのですが、最終的には手当り次第やってみるしかなさそうですね。配信時のMIMEは
dsf=audio/x-dsf
dff=audio/x-dff
がTwonky系は一般的みたいですね。
拡張子見てdbのMIME書換えればいけそうだけど、機材無いしな~